レバレッジ

FX取引の時間帯による取引量

一般的な店頭取引と呼ばれているFX取引で業者に注文を出しますと、その注文はカバー業者という外国為替取引を専門に行なっている銀行や仲介業者に回されることがほとんどです。
顧客からの注文を自動的に取り次ぐシステムがありますので、顧客の側では何ら意識することはありません。
外国為替の取引は、それ専門の取引業者や銀行が主に電子ネットワーク上に構築された取引システムで行なっていますが、このようなシステムは世界中に複数ありますので、そこでの取引の集合体として外国為替市場と言っていることになります。

このような外国為替市場を地域で分けた場合の取引高では、ロンドン、ニューヨーク、チューリッヒ、東京の順だといわれていますが、一番のロンドンと二番のニューヨークを合わせたものはほとんど世界中の取引高の半分以上となっています。
そのようなわけですからFXの取引が活況を呈してくる時間帯は、このふたつの地域の昼間の時間帯という事になります。
ロンドンの昼間の時間帯は、日本では夕方の6時くらいから深夜0時くらいまでで、ニューヨークの昼間の時間帯は、夜の11時くらいから明け方の7時くらいまでです。

ちなみに、この明け方のニューヨークが終わった後は引き続きオセアニアの市場が開き始め、すぐに東京も開くというように一日中続いていくという事になります。
このような事情からFXの取引も日本時間では夕方から明け方にかけてが多くなる傾向があります。
取引する通貨ペアにもよりますが、ユーロ米ドル(EUR/USD)のような世界的に見て取引高の一番多い通貨ペアでは、この時間帯に取引高を伴って大きく為替レートが動くこともあります。
また、それに伴ってヨーロッパの英ポンドやスイスフランなどとのペアも盛んに取引されます。
円と他の外国通貨のペアに関しては、やはり東京市場の開いている日本時間の昼間の取引高が多くなりますが、この時間帯はオセアニアとほとんど差がありませんので、特に、オーストラリアドル円やニュージーランドドル円のペアなどはこの時間帯の取引高が多くなります。
FXは短い時間で為替レートがすぐ変動するので、取引にかかる時間が大事になってきます。
レートの変動で急にお金が必要になった時、別の口座から引き出したりするのでは時間がかかってしまいます。
そこで、お勧めなのがクレジットカードhttp://xn--lckh1a7bzah4vue9565aftvb.biz/what.htmlです。
クレジットカードがあればすぐに取引を行うことができるので、チャンスを逃しにくいです。

Copyright(C) 2013 取り引きを快適にするための知識 All Rights Reserved.